場所だけじゃ物足りない、イベント企画等を通した普段と違う自分にも変化できる

 

はじめまして、勉強大阪本町のマネジャーを務めております戸波でございます。
現在私は、時に講師を行いつつ、ほぼ毎日本町カウンターに常駐しております。
オーナーの荒井のコラムの続きとして、書かせていただきます。

最後までご覧頂いた方の中には

Q.勉強場所を作ろうとしたのはわかったけれども、どうして交流とか、 人とのつながりとか、さらにはイベント開催なんかの支援もしているのだろう?

こうした疑問が出てきたのではないでしょうか?これもよく尋ねられる質問の一つですので、この場でシェアさせていただきますね。実はあの話には続きがあるのです。
ということで差し支えなければ、今度は私も少し昔話をさせて頂きます。

 

遡ること9年前、自分に自信がありませんでした。

荒井が当時の理想を語った少し前の時代。
その頃はリーマンショックのあった2008年12月。

私は既卒で職歴なし、スタンスは「きっと誰かが助けてくれる」と完全に受け身姿勢でした。その思い込みは2008年の3月を迎えるまで変わることはありませんでした。

『内定取り消し』は当時社会現象となって連日のようにニュースになっていたのです。

「きっとこのまま政府が特別処置とかして、誰かが救済してくれるんじゃないか
 状況が不安定な時に、無闇に動くのは却って危険かもしれない。よし、まずは様子を見てみよう。」
 そんなどこかで淡い期待があったのでした。

2009年4月になっても何も変わる事ない日常を迎えてようやく気づきました。

「これからの時代は生き残っていくには、会社に雇ってもらうには
 今の自分のままじゃダメだ。まずは、是非雇いたいと言われる価値を
提供できる人にならなければ!!!」

ビジネス書と、人との繋がりで人生が変わった。

 

 

まさに求めていた答えがそこにあったような気がして、
本を次から次へと読み漁りつつ、セミナーに足繁く通う日々があり、
念願叶ってめでたく正社員の座を勝ち取ったのでした。

そして、勉強カフェの構想を耳にしたその日。
私は荒井から借りたビジネス書を返却し、その本の
感想
シェアしていてとても盛り上がっていました。


私の強みは『現実的に場面・状況を考慮した上で
適切な対話を通じて拡大させる力』です。

彼が喜々として語った定年後の夢に対して私はさらに着色をしていきました。
「そんだけ思いがあって、ビジョンもしっかりしているならもったいないよ。
 定年後とはいわずに今からできる事をはじめてみたらいいんじゃない?

 例えば、既にもう似たような業態のところあるかもしれないし、名前何にするんだっけ?
 勉強カフェだっけか、もう検索とかしてみた?まだなら後でやってみたらいいかもね。」

「それにどうせ作るなら単なる勉強場所だけじゃなくてさ、
 学んだ内容をシェアできる環境とかもあったらいいと思わない?」

「スコレーって知ってる?貴方から借りたエジソンの伝記の本で
 書いてあったんだけれど古代ギリシャにあった習慣の一つらしくてさ。

 一言でまとめると、時間の過ごし方の話なんけれども
 単なる余暇(レクリエーション)として過ごすのではくて、精神活動や
 自己充実にあてることのできる積極的な時間の遣い方をするって意味でね。

 イメージとしては酒場みたいなところに集まった人たちが
 芸術や政治、知識や情報等を交換しあう場所って感じかな。
 それって考えだけで面白そうじゃない?」

 

「せっかく、学んでいる人が集まっているならば一人一人黙々と勉強する
 時間も必要だけれどさ、時にはそこで得た学びをシェアする場とか
 そういうのがあってもいいと思うんだよね」

「何より、ビジネス書とかビジネス内容を語り合うって結構人選ぶ気がする。
 多くの場合、利害関係が生じて面倒な場合も多いと思うからそういうのを
 気にしなくて良い感じでさ。そしたら互いに勉強になると思うんだよね。

 勉強って机で行うだけじゃなくて、言ってみたら人生全てが学びであり
 勉強じゃん。そんな人達と紹介とかしてもらえて、自然に知り合えたとしたらさ。
 そういう場所ってないと思うんだよね。」

人の出会い、繋がりは数十冊の本に勝る程に尊いものを伝えたい。

勉強カフェは全国にありますが、その中でも大阪は『交流』を重視しています。
そして、私が変われた一番の変化は学んだ分野であった師匠との出会いであり、人だったのです。
学んでいる人との対話は、数十冊の本に勝る程に尊いものだと思ったのです。

私はその後もセミナーに足繁く通い使った額は総額600万円(2017年12月現在)
現代は時々に講師、たまに本町のマネジャーという感じでございます。

ということもあり、勉強カフェ大阪は快適に勉強できる環境は勿論
学びが加速する方法の一つとして人との出会い。そして、人との対話が起こり
やすい環境を意識してアウトプット学習、イベント開催コミュニティー形成等
のお手伝いも行っているのです。

 

最後に、私が伝えたい勉強カフェを活用する際のマインド

 

カフェの中では《普段のあなた様を知る人はいません》
是非、今までの自分の肩書や家族家庭での役割等を忘れた

”なりたい、ありたい自分になった気持ちでご利用下さい”

そして、どう在りたいかをスタッフや勉強カフェで知り合った方にはアウトプット下さい。
勉強カフェでは夢を公言した人程、実現に向かって加速していく事が起こります。
マジックの恩恵を得られるでしょう。ここまでご覧いただきましてありがとうございます。

戸波