BCコラム(7)「資格試験の合格ができるか <自信がない> という人へ」

コラム

bc_logo20151001

※この記事は本町・梅田にある大人の勉強場所《勉強カフェ大阪本町/大阪うめだ》よりお届けします。

勉強カフェ大阪の「勉強コラム」

ただ勉強がはかどる場所としてだけではなく、「大人の学び」をサポートし、

勉強している人同士がつながるコミュニティとしての機能もある勉強カフェ。

私たち勉強カフェから、その中で気づいた「大人の学び」に関するお役立ち記事を発信していきます。


資格試験の勉強を続けているけど、本当にこのまま受かることができるのかな?

 

自分にその能力があるのかな?という不安。

わかります。

誰もが同じように感じています。

しかし、そこである人は、続ける選択をします。

一方で、ある人はやめる決断をします。

 

それらは、どれを選択しても、自由です。

あなたの人生です。

 

一つ言えること。

 

それは、

「自信」などと言う曖昧なもので、行動を決めるとろくな事にならないということです。

「自信」があるから、やるのでしょうか。

では、「自信」がないなら、やらないのでしょうか。

そうではなく、

目指すものがあって、そうなりたい、という理想があって、

そのために努力するのではないでしょうか。

そもそも、最初から自信があった人など、いるのでしょうか。

あるとすれば、ただの怖いもの知らずの無知ではないでしょうか。

 

例えば、メジャーリーグで活躍しているイチローだって、一番最初は初心者でした。

それを、来る日も来る日も練習を積み重ねて、あの領域に言っています。

イチロー選手が言っていました。

「メンタルの問題だと勘違いしてしまうことがよくあるんだけど、

単純に、技術が足らないだけなんじゃないか、と気づいた」

と。

資格試験の勉強に置き換えても言えるでしょう。

自信とか、才能、とかそういう問題の前に、

単純にインプット量が少ないだけでは?

本当に、インプットを、努力を継続して行いましたか?

そして、アウトプットも行いましたか?

はっきり言って、そんな簡単に合格しません。

皆、条件はイーブンです。

知識がつけば自信がつくのであれば、そもそも自信なんてものは後付けということなのです。

だから、自信がない、とかうじうじ無駄なことを考える時間があるなら、

さっさとインプットを進めてください。

その深層心理にあるのは、

「自信がない」って事にして、やらない理由を正当化したい思いです。

その気持ちを直視してください。そういう癖があるんだ、と。

自分の中に住んでいる魔物です。退治してください。

そして、真摯な気持ちで、机に座ってください。深呼吸して、新たな気持ちで、全てを切り替え、取り組みましょう。

その一歩の、小さな歩みが、頂上に連れて行くのです。ただ、一切の例外はありません。

今日、この日、その連続の結果です。

 

勉強カフェ大阪本町/大阪うめだで勉強しよう!

今なら【体験】受付中▼

 

関連記事一覧