4/30(月)お米会!お米の味見と背景【本町】

 

日本育ちの人なら

「夏の青々とした田んぼ、秋に輝く稲穂」

は原風景の一部として記憶されているのではないでしょうか?

生まれてから間もなく、そして今日まで口にしてきたお米。食事のことを「ご飯」と呼び、お米が常に食卓で迎えてきてくれました。ですが、そんなお米について私は何も知らないも同然です。不思議に思いませんか?「思う」という漢字は田んぼに心。社会、文化、そして「お米は日本人のDNA」とまで言われるほど、日本とお米は切り離せない関係です。

私はお米について調べ始めました。少なくとも1kgで売られているお米を一人で買って消費するのは簡単ではありません。それに、食事は一人も時にはいいですが、複数で食べたいと思いました。「勉強会」という形を取ることで、お米に対する知識と味を広く深く感じることができる。そして、楽しい!そんなお米の勉強会を開催いたします!

 

【お米を食べる人】

お米を楽しむ。食卓のスタメンを知ります。

 

【こんな人にオススメ!】 

お米が好きな人。探究心のある人です。

 

【講座内容】

  • 実際に「ごはん」を炊いて試食会を行います
  • 炊いている間にお米について調べた内容を少し話します。
  • お米のことを話し合います
  • 少しだけ、おかずを用意しております
  • 晩御飯ではないです

【講座で得られるもの】 

普段の食事を改めて考える機会になるようにします。

「大地の恵み」

 

 

【講師紹介】 

名前:トクダ(主催者)

 

【日時詳細】 

日時:4/30月曜日, 18:00から2時間

参加料金

参加費:500円、お米代です。定員5名まで

今回は「まっしぐら、ササニシキ」をご用意します。

会を重ねて料金などは調整をしたいと考えています。

場所:勉強カフェ大阪本町

 

「ごはん」がわかるともっと美味しくなる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です