【自習室にはないコダワリ】その14〜空調管理のためのエアーウィング(風よけ)〜

jisyuushitsunihanaikodawarison14

bc_logo20151001

※この記事は本町・梅田にある大人の勉強場所《勉強カフェ大阪本町/大阪うめだ》よりお届けします。

勉強カフェ大阪の自習室にはないコダワリ

より深く勉強カフェ大阪本町/大阪うめだのことを知りたい方のために、

よく比較されることの多い自習室と勉強カフェの違い、

そしてそれによる勉強・自習生活への効果を、詳しくご案内させていただきます。

「自習スペースにおいて、万人が納得する気温はないという」

thermometer-1569669_1920

ものすごい当たり前のことですが、温度の感じ方には個人差があります。

平熱が高い人もいれば、暑い人もいます。

なので、同じ温度でも暑いと感じる人がいれば、寒いという人もいます。

よって、できる限りスペースを利用する多くの人が納得する気温、を保つのが空間全体の正解となります。

どのくらいの温度設定をしているの?

冬場は、23〜25度で暖房、夏場は25〜28度でドライか冷房、送風のどれかを平均して設定しています。

ただし、その日の状況によって急に寒くなったり、暑くなればもちろん調整をします。

会員様から、その日の意見を聞いて、さらに調整を施します。

風が直接当たるという問題を解決する「エアーウィング」(ダイキン)の力

勉強カフェ大阪本町/大阪うめだでは、エアコンに取り付ける風よけ「エアーウィング」を導入しています。

IMG_9090

この「エアーウィング」を導入することで、空気が循環され、熱・冷風が一箇所にこもらず、さらに直接身体に当たることを防ぎ、エアコンによる体調不良を極限にまで減らします。

直接当たる、というのが一番よくないのです。夏に風邪をひいたりするのも、直接クーラーの風を浴びてしまい、著しく体温が低下することによるものです。

自習中に、体調不良には絶対になってほしくありませんし、防がなくてはいけません。

そこには、空間運営側は最大限配慮して、対策を講じる必要があります。

夏は小型扇風機と冷風ざぶとん

特に気をつけるべきは、夏の暑さです。暑がる人と、寒がる人の差が激しいためです。

特に男性と女性では、体脂肪分が異なるため、個人差が生じやすいのです。女性は比較的寒がる方が多いです。

なので、夏でも寒くなる人をなくすため、少し気温は高めに設定しています。

ただ、そういった方のためのアイテムとして「卓上扇風機」を必ずご用意しています。

貸し出し備品

これ以外には、座布団から風が送られてきて快適な「空調ざぶとん」も置いています。

img61389590

まとめ▶︎▶︎▶︎自習スペースの空調には最大限の策を講じるべし

集中して自習していると、気付いたら周りの気温や、風に当たっていることに気づかずに

時間が経っている、ということもよくあります。

それで、外に出た時に、夏などはかなり体が冷えていたんだ、と実感することもあります。

なので、そうならないようにあらかじめ策を講じなければ、気付いたら

体調を壊していた、ということになり兼ねません。

場所から変えていき、そういった人の意識ではなくそうならない環境を用意するのが必要であると

運営者として感じます。

勉強カフェ大阪本町/大阪うめだで夏も冬も快適に勉強しよう!

今なら【一日無料体験】受付中▼

無料体験お申込み

営業時間(大阪本町)

▪️6:30~23:00(平日)

(平日6:30~12:00は無人営業となります)

▪️6:30~21:00(土)

▪️6:30~20:00(日・祝)

(土日祝6:30~10:00は無人営業となります)


TEL:06-6599-9331

営業時間(大阪うめだ)

▪️5:00~23:00(平日)

(平日5:00~12:00は無人営業となります)

▪️5:00~21:00(土)

▪️5:00~20:00(日・祝)

(土日祝5:00~10:00は無人営業となります)

TEL:06-6940-7206

PAGE TOP