【自習室にはないコダワリ】その1〜音楽が及ぼす自習への効果〜

jisyuushitsunihanaikodawarisono1

bc_logo20151001

※この記事は大人の勉強場所《勉強カフェ大阪本町/大阪うめだ》よりお届けします。

勉強カフェ大阪の自習室にはないコダワリ

より深く勉強カフェ大阪本町/大阪うめだのことを知りたい方のために、

よく比較されることの多い自習室と勉強カフェの違い、

そしてそれによる勉強・自習生活への効果を、詳しくご案内させていただきます。

勉強場所なのに、音楽を流しています

keyboard-instrument-436488_1920

自習=静かに音もない部屋で黙々と行う

というのが普通という方も多いです。

しかし一方で、なぜかカフェだと自習や仕事がはかどるということがあると思います。

それは、人間のメカニズム

無音の空間に長時間いると

不安感を引き起こす

という習性があるようです。

※【音も光も他の人間との関係も遮断された部屋に一定期間閉じ込められるとどうなるか?】

という社会実験が過去に行われました。

scientific-2040795_1280

結果的に、70%の人が幻覚を引き起こしたそうです。

人は多少の音や人の存在を本能的に求めているといえるでしょう。

よって、少々の音楽や話し声などのノイズがあることで、自分の心臓の音が紛れ、没入感を加速させるそうです。

だから、勉強カフェでは自習がはかどるという理由でも、音楽を流しているのです。

しかも、すべてのタイプの部屋(カフェラウンジ・ワークスペース・ラーニングルーム・イベントルーム)

で流しています。無音の場所はありません。

ただし、その音量は大きすぎることはなく、勉強の妨げになる(音楽を聴いてノリノリになってしまわない)ようにボリュームを調整しています。

ジャンルとしては「ジャズ」「ピアノ」「クラシック」「80年代洋楽」「オールディーズ」「イージーリスニング」「ボサノバ」「シンガーソングライター」と様々に、タイムテーブルを設けて、時間帯・曜日ごとに音楽に飽きないように配慮しています。

自習の邪魔にならないように、日本語の曲は流していません。

ピアノがはかどる・・・

ボーカル曲よりインストゥルメンタルがいい・・・

ロック系が好き・・・

など、音楽の好みは会員様それぞれ分かれると思います。

満場一致でみなさま全員が好きな音楽、というのはありませんので、出来る限り満遍なく、利用可能な「500万曲」の中から厳選し、タイムテーブルを構成していますので、ご安心ください。

ボーカル曲を流すのは、会話を生むためでもあります

カフェに行くと、インストゥルメンタルだけでなく、音量も大きめでボーカル入りの曲が流れていることがよくあります。

その効果として、ボーカル無しよりも、声を出しやすくなる配慮があります。

人の声が聞こえることで、その場にいる人も声を出していい雰囲気が整います。

勉強カフェでは、カフェラウンジ・イベントルームについては会話をOKにしています。それは、会員様同士交流できるような環境をご用意したいからです。

IMG_1635 2

調べたら、様々な「カフェノイズ」を生み出してくれるサービスがありました。

「RAINY NOICE」▶︎▶︎▶︎

その場にまるでカフェにいるかのような、カフェにいる人の声を流してくれるサービスです。また、雨の音も流せるようです。

Coffitivity▶︎▶︎▶︎

こちらも同様に、カフェノイズを流してくれるサービスです。こちらは、朝の時間帯、やパリの大学など、

場面を変えて使えるみたいです。

Hipster Sound▶︎▶︎▶︎

様々な国のカフェの音を流してくれるみたいです。パッと見た限りでも、デンマークやパリ、リオデジャネイロ、とありました。上の二つに飽きたら良さそう。プレミアムプランもあるみたいですね。

SOUNDROWN▶︎▶︎▶︎

カフェだけでなく、焚き火の音、波の音や、公園の音まで多種多様な音を体感できます。

THE IZAKAYA SOUND▶︎▶︎▶︎

ちょっとおまけ的な要素が強いですが、居酒屋の音が楽しめるサービスまでありました(笑)

これは自宅での晩酌時に流しても、居酒屋にいるような感覚が出て、いいかもしれません。それから、他のサイトはすべて海外のものなので、日本語が流れてくる、という意味では一番日本のカフェに近いのはこれでしょう。

ただし、最終的に重要なのはゾーン(没入状態)に入ること

これだけ、カフェノイズが実は自習や仕事において捗るということが立証されているわけですが、

最終的な話をすると、重要ではないんです。

なぜなら、周りの音すらも聞こえないくらい、集中している状態こそが目指すべき状態であるからです。

それは、つまりどこだって集中さえすれば一緒だ、ということになります。

でも、ここで問題なのがその「ゾーン(没入状態)」までにたどり着く最短ルートは何なのか?ということです。

その答えが「カフェノイズ」なんじゃないかと。

やはり、机に向かうハードルを低くする必要があります。机に向かわなければ、

そもそも自習時間も増えないし、停滞が続きます。

そのために、自習をする環境は大切です。毎日、無音で無機質な空間にいると飽きてしまったり、

今日はいいかな、となりやすいのです。

だから、音楽の流れるカフェスタイルの勉強場所を求めて、様々なカフェを利用される人が増えています。

 結論:自習以外の場所としても、カフェっていいな、と単純に思った。

やっぱり、勉強中であれ、仕事中であれ、基本的に人は人を感じたいのかもしれない。

修行僧のように、ひと里離れ、山にこもって孤独と向き合う、というのも人生の分岐点では必要になるのかもしれませんが、生活感を感じながら勉強をしていくには、その場所に同じ仲間は必要、と確信しました。

カフェは、人が会話する場所でもあるから、当然人を感じることができる。

時には、それが自習の進捗を妨げることになることもあります。でも、そことも向き合っていきながら

自習生活や仕事をこなしていくのが、本来の人間のあるべき姿なんじゃないか、と思いました。

勉強カフェ大阪本町/大阪うめだでは音楽の流れるカフェスタイルで思う存分自習が可能です!

皆様のご来店、お待ちしております^^

今なら【一日無料体験】受付中▼

無料体験お申込み

 

営業時間(大阪本町)

▪️6:30~23:00(平日)

(平日6:30~12:00は無人営業となります)

▪️6:30~21:00(土)

▪️6:30~20:00(日・祝)

(土日祝6:30~10:00は無人営業となります)


TEL:06-6599-9331

営業時間(大阪うめだ)

▪️5:00~23:00(平日)

(平日5:00~12:00は無人営業となります)

▪️5:00~21:00(土)

▪️5:00~20:00(日・祝)

(土日祝5:00~10:00は無人営業となります)

TEL:06-6940-7206

PAGE TOP